院内設備

待合室は、感染を防ぐために椅子の配置を変え、座る間隔をあけるようにしています。リハビリ室は、大きく窓を開けて、常時換気しています。

 

各種診断装置を導入しています。